初公開!★相場師朗の超短期トレードの極意ショットガン投資法

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

負けを認めない人

株で損する人の特徴。

 

次は「負けを認めない」だ。

 

負けを認めないというのは、自尊心が高い人の特徴だが、そのため、含み損が発生すると、ずっと決済せずに持ち続け、さらに含み損を大きくする

 

「自分の判断は間違っていない」「ちょっと地合いが悪かっただけ」こういう言い訳をしながら、出血を止めないで放置する。

 

しかし株式投資というのは、数字でハッキリ結果が出るので、負けを認めて次の行動に移らないといけない。

 

失敗したら、さっさと手仕舞うか、株数を減らしてリスク回避しないと、大損して財産を失いかねないから、とにかくその時々に適した行動で、ピンチを切り抜けねばならないのだ。

 

ところが、これが難しいんだね。

 

自分の失敗を認めて、ドンドン損切りすると、投資資金はあっと言う間になくなっていくし、逆に少し様子を見て見ようかと思うと、含み損がドンドン増えていったりするし。

 

損切りすべきなのか、持ち越すべきなのか、この判断はなかなか難しいので、結局、保有株や建玉を減らすべし、…って事になる。

 

もしもその後、また騰がり始めたなら、そこでナンピン買いすれば良いし、見込みがなくなれば、そこで改めて損切りすれば良い。

 

株式投資というのは、あくまでトータルでプラスかマイナスかで評価すべきモノであって、銘柄ごとに勝った負けたというのは、ナンセンスな考えなのだ。

 



買い時より、売り時の方が難しい

株式投資は、実は自分の欲望との戦いだ。

 

底値付近で株を買うことは、比較的簡単なのだが、株価が上がって利益確定するのは、かなり難しいことになる。

 

というのも2倍以上になる株を買いつけたとしても、それをどこで売って利益確定すべきかは、じつはよく分からない。

 

日足チャートがピークを越え、下落トレンドになって初めて、ようやくここが最高値で、ここが売り時だったな、と、後になって分かるものだからである。

 

では、どうすれば良いかというと、プロのやり方はこういうやり方らしい。

 

まず底値付近でまず打診買い、騰がったら押し目を追撃買い。

 

株価が何割か騰がったら、何株かを利益確定、ピークを過ぎたら、そこで全株リリース。

 

これは株式投資を始めた頃、とある本に載っていた方法だが、これを読んだ頃には、一体なぜ、そんな面倒なことをするのか分からなかった。

 

そんな面倒くさいことをせずに、安値でドカッと買って、最高値付近で全部売ればいいのに、…と言う風に思っていた。

 

しかし株式投資を始めて何年もたつと、確実に利益を取るためには、こういうやり方を身につけないと、利小損大になってしまうんだな、と分かる。

 

底値付近で買うのは簡単だし、暴落で投げるのも簡単だけど、うまく利益確定するのは、自分の欲望との戦いだ。

 

この材料なら2倍は堅い、と思っても、他の投資家がそう思わない限り、株価は上がっていかない。

 

そして途中で連騰が止まって、大暴落に遭遇すると、恐怖心から、安値で利益確定してしまう。

 

なのである程度機械的に、何割上がったら、何%利益確定しようという風に、予め決めて、それで行動する方が良い。

 

恐怖心で売るときは、たいてい底値だしね。

 

そしてこういうやり方が身についてくると、自分がどれくらい稼げるのかわかり、「これくらいの損切りなら取り返せる」と分かる。

 

自分の稼ぐ能力の多寡が分かってくると、負けてもいい金額も分かってくるので、失敗してもすぐにそれを認めることができるようになっていくはずだ。

 

と言っても、100%満足って事は、ないんだけど。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄を見つけろ!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ウイークリートレード決定版!「5日株トレード法」全セット

★第6位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225miniで稼ぐ秘訣!株価暴落時のヘッジもZONE〜NEW WORLD〜

初公開!★相場師朗の超短期トレードの極意ショットガン投資法

このエントリーをはてなブックマークに追加