株の失敗は、株価の下落で起こる

株で大損するケースは、たいてい株価の下落で起こる。

 

というのも多くの個人投資家は、株を買って儲けようとするので、株が下がると損するからだ。

 

そして株が下がるときに株を買うと、株価が下がって損をするのは、当たり前の話なのだが、なぜか下がっている株を買ってしまう。

 

買いで儲けるという頭しかないので、押し目だ、ナンピンだと言って買い、損ばかりする羽目になるわけだ。

 

一方、何十年も株式投資をやってきたプロのトレーダーの売買のやり方を見ると、買いではなく、売りから入るケースが多い。

 

株価が上がるのには時間がかかるが、株が下がるのはあっと言う間なので、時間的にも、金額的にも、売りから入る方が儲かりやすいらしい。

 

そして実際、売りから入る方が、買いの2倍くらい儲かるという。

 

売りの方が儲けやすいなら、プロは売って儲けようと考える。

 

というのもプロのトレーダーは、上昇トレンドでも下降トレンドでも、利益を出さなければならないから。

 

相場が果てしなく上がることはないので、相場が下がっているときでも、彼らは利益を出さねばならない。

 

そのため、下落相場でも利益が取れるカラ売りで稼ぐことができないと、プロとは言えないって事らしい。

 

つまり我々アマチュア・トレーダーは、「買いチャンス」を一生懸命探していて、騰がりそうな株を買おうとするが、プロのトレーダー達は逆に、「売りチャンス」を探しているわけだ。

 

この視点の違いで、我々は大損するわけだな。

 



プロは売りチャンスを探している

我々、アマチュアトレーダーは、株を買って儲けようとする。

 

そのため、上がる株が少ない時でも、株を買って儲けようとして、損をする

 

日経平均株価が下がっている時は、、上がっている銘柄は少ないし、儲けるチャンスも少なくなるから、そこで無理に買いに入るとダメだ。

 

だから日経平均が右肩下がりの時は、株をやめたり休んだりする人も多い。

 

アマチュアだから、別にやらなくても良いし、チャンスがないときに勝負すると損ばかりで、投資資金も減るし、やる気も失せるからね。

 

そうやってチャンスがないときに休めるのは、アマチュアの特権かも知れない。

 

しかし、プロのトレーダーは、株で利益を出すのが仕事だ。

 

相場が上向きだろうが下向きだろうが、預かった資金で利益を出さないといけない。

 

カリスマ・トレーダーなら、気が向かないときに休むこともできるだろうが、一般のプロ・トレーダーには、運用資金を返上して休むという選択肢はない。

 

というのも、そんなことをしたら、自分の仕事も給料もなくなってしまうから。

 

つまり、上昇トレンドでも下降トレンドでも、利益を出せないと、プロじゃないわけだね。

 

そういう生活を何年・何十年も続けた彼らが、辿り着いた境地が「売り」であれば、プロの「売りから入る視点」を、我々アマチュアトレーダーも、身につけないと儲けられないだろう。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加

★相場師朗の超短期トレードの極意