上昇中の株価ヨコヨコが長く続くと、下落の兆候?

騰がると思った株価が、上がらずにヨコヨコになるとき、どうするか判断が難しい。

 

これはデイトレでは日常茶飯事なので、5分足チャートで考えてみるが、日足でも似たようなことが起こる。

 

まずは上昇トレンドから上昇が止まり、そこで株価が騰がりも下がりもせず、チャートがヨコヨコになるケース。

 

こういう状況というのは、「揉み合い」「保ち合い」と言われる状況で、株主がどんどん入れ替わっている状態だ。

 

低位で株を買った人が「そろそろ売り時かな」と思って売り、新規の参入者が「まだまだ株価は上がるはず」だと株を買う。

 

これによって、株式ホルダーが入れ替わるわけだ。

 

株価上昇中の5分足チャートの例
ところが揉み合いや保ち合いが続いた後、どうなるかは誰にも分からない。

 

というのも株価ヨコヨコの状態というのは、売りと買いのバランスが拮抗していて、どちらが残るか分からないからだ。

 

たとえば買いたい人の方が多ければ、売りたい人が売り終わった時点で、高値を買い上がるしかないので株価は上昇する。

 

逆に売りたい人が多ければ、買いたい人が買い終わってしまうと、売りたい人は安値で売るしかないので、株価はどんどん下がっていく。

 

ところが1分先・1日先の需給関係、買いたい人と売りたい人のバランスは、チャートでは分からない。

 

デイトレの場合は、フル板で、売り注文累計数と買い注文累計数のバランスによって大まかには分かるが。

 

チャートは結果を表しているだけなので、未来の株価については分からない。

 

上昇が止まってヨコヨコの後に大幅下落し始めるチャート例
上昇中のヨコヨコの場合は、ヨコヨコが長く続けば続くほど、下落のリスクが大きくなる。

 

というのも株価が上がっている途中で、焦って売る必要もないのに、売りが絶えないというのは、おかしいからだ。

 



下落トレンド中のヨコヨコは、下落の一時休憩

上昇トレンド中のヨコヨコは、上昇の休憩の場合と、下落の始まりの場合がある。

 

しかし下落トレンド中のヨコヨコは、リバウンドの予兆ではなくて、下落の休憩であることが多い。

 

もちろん例外もあって、マイナス圏でヨコヨコがずっと続いた後、大引けが近づくにつれて急騰する場合もある。

 

が、下落途中でヨコヨコが続いた場合、含み損を抱えている人が多いため、たいていの場合は下落になる。

 

下落トレンド中のヨコヨコ・5分足チャートの例(その1)
上のチャートでは、ギャップダウンスタートから、ジワジワと株価が上がりだして、前日終値まで株価が回復する。

 

ところが前日終値を超えたところで、売りが出て下落トレンド入りして、そこからヨコヨコという状態。

 

ここから株価がどうなるのか?という予想は、なかなか難しい。

 

株価はあくまでも需給で決まるので、翌日以降に株価が上がると思えば買われるし、逆に下がると思われれば売られてしまう。

 

下落トレンド中のヨコヨコ・5分足チャートの例(その2)
前場でアップダウンをして、下げ止まった形になったため、後場の値戻りに期待したのだが、週末・大型連休前だったので…
下落トレンド中のヨコヨコ・5分足チャートの例(その3)
平日であれば、ヨコヨコのまま、大引けに近づくにつれて買いが入って、プラス転換や下げを縮小することも多い。

 

しかし週末などは、こういう感じで、ドーンと大幅下落することが多いね。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2