★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

ギャンブラーを気取って利小損大

株で損する人の習慣。

 

次は「ギャンブラーを気取る」だ。

 

ギャンブラーを気取って、一銘柄に全資金を投入して、うまく稼げればよいのだが、株式投資はそんなに甘くない。

 

株式投資で儲けるには、とにかく「大損を避ける」ことが重要で、利益と損失のバランスが重要だ。

 

利益は大きく取り、損失は小さくする。

 

これを「利小損大(りしょうそんだい)」というが、チャンスの時には株数を増やし、ピンチの時は株数を減らして対処する。

 

チャンスがありそうな銘柄でも、とりあえず打診買いで入って、うまく行きそうならさらに株数を増やす。

 

まだまだ騰がりそうなら、押し目を狙って株数を増やす

 

そしてうまく株価が上がったなら、少しずつ利益を確定していく。

 

5割騰がったら3割だけ利益確定し、2倍になったらさらに3割を利益確定し、…と言う風に少しずつ利益を確定していく。

 

株を買うときは、底値が固いことを確認し、大損をしないことを前提に買う。

 

こういうのがプロのやり方で、確実に株で儲けるやり方だ。

 

一方、ギャンブラーを気取って、大金を一銘柄に全力で賭けるのは、初心者に多いやり方で、大損して一発退場しやすいやり方だ。

 

全力で買いに入れば、大儲けもできるが大損も多くなる。

 

高値づかみ一発で、投資資金をごそっと失いかねない。

 

信用取引でレバレッジを効かせていると、特にそういうことが多くなって、気づいた時にはいつの間にか、持ち金が半分以下になっている。

 



株式投資で一番難しいのは、資金コントロール

株で儲けるには、安値で買って、高値で売れば良い。

 

そう思っているのは初心者だけだ。

 

実際に株式投資を始めて見ると、株式投資で一番難しいのは、投資資金の出し入れ(管理)だとわかる。

 

安く買って高く売るということができなければ、株で儲けることはそもそもできないが、これができたとしても不十分だ。

 

手持ちの投資資金・投資余力を、いつ、どの銘柄に、いくら投入するか。

 

これが実は一番難しい

 

全力で買いに入って良いケースは、超絶好材料がでた銘柄だけで、それ以外は、利益と損失を天秤にかけて、利大損小になるように、保有株や建玉をコントロールしなければならない。

 

「この株は、大丈夫か?」と考えながら、何株買いつけるかを決めなければならない。

 

株式投資で儲けるには、自分の買った銘柄を、さらに高値で買ってくれる人が、たくさんいることが条件だ。

 

だから、いくら超絶好材料が出ても、それが投資家に広く知れ渡らなければ、株価は上がらないし、逃げ遅れると高値づかみで大損になる。

 

さらに運良く株価が上がったとしても、それをいつ、何株を利益確定するかも重要なポイントだ。

 

株価が順調に騰がったとしても、ピークでそれを売るのは難しい。

 

底値付近で拾うのはさほど難しくないが、高値のピークがどこになるのかは、実は誰にも分からないからだ。

 

順調に株価が上がっていても、ある日突然売り買いのバランスが崩れて、一気に2割も3割も下がることは珍しくない。

 

それまで買い手優勢だった銘柄が、ある日突然買い手の数が減ってしまい、ドーンと下に落ちることも珍しくない。

 

世界的大企業の場合は、買い手がいなくなることはないが、中小企業の場合は、買い手の思惑が消えたら、そこで終わりになってしまうことが多い。

 

特にギャンブラーを気取って、買うのも売るのも全力でやっていると、売り時が分からなくて大魚を逃しがちだ。

 

最高値で売り抜けることなんて、どだい無理な話だから。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加

相場師朗の「株の10ステップ」

株は5日で利益を出す!

ワンウイーク副業投資

ショットガン投資法