★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

買いチャンスはどこにあるのか?5分足

株で損をするパターンは色々あるが、「下落途中の株を買う」のもその一つだ。

 

下落途中の株を買えば、損をするのに決まってるのだが、どういうだけだか、買って損をする。

 

株の格言の一つに、「落ちてくるナイフはつかむな」というのがあったと思うが、株は下がり始めると、どこまで下がるか分からない。

 

株価が上がっているうちは、買いたいと思う人が多いが、下がっている株を買おうと思う人は少ない。

 

なので思いっきり下がって、もう売りたい人がいなくなるまでは、買ってはいけないってことらしい。

 

ちなみにこの「落ちてくるナイフ」とは、チャートに現れる長い大陰線の事で、「触ると大けがをするよ」ってことらしい。

 

さすがに長い大陰線が出ているときは、買いに入ろうと思う人はいないだろうし、買いたい人がいないからこそ、チャートが長い大陰線になるわけなのだが、陽線が短くなったところで、買いを考える人も多いだろう。

 

そろそろ下げ止まるのではないか」「そろそろ反発するのではないか」と思って、下落途中の株に手を出してしまうわけだ。

 

下げ止まって、押し目チャンス?の5分足チャート例
ところが、上昇が止まって株価が下がり出すと、押し目とされている形になっても、株価はなかなか反発しない。

 

5分足チャートを見ても、押し目っぽい形はいくつも出てくる。

 

大陽線をつけて十字線を挟んで陽線3本。

 

これなんて押し目っぽい形だが、同時に長い上ヒゲも出ていて、騰がるのか下がるのかが全く分からない。

 

買いチャンスはどこにあるのか?5分足の例。

 



下落トレンドに押し目無し

下がる株を買うと損をする。

 

そんなことは百も承知なのだが、下落トレンドの株を、なぜか買って損してしまう。

 

上昇トレンド中の銘柄でも、株価が一時的に下がることがあり、「初押しは買い」なんていう。

 

なので下げが止まって、少し買いが入ると、反発期待で買いに入ってしまうのだ。

 

ところが実はまだ下落が終わっておらず、買ったところからさらに株価が下がるので、いきなり含み損を抱える羽目になる。

 

上昇トレンド中の株であれば、上昇が止まって下落が始まるまで、多少は時間の猶予もある。

 

しかし下落トレンドの場合は、含み損を抱えている人が増えていくため、反発して株価が上がるたびに、戻り売り・やれやれ売りがでて、株価は反発しきれない状態になる。

 

買いが入っては売り崩されるパターンの5分足チャート例
この例のような「寄り天」状態だと、高値でも買おうという人がいるので、どこかでまた買いが入りだすことを期待して、気楽に買いに入っててしまうのかも知れない。

 

でも不思議なことに、寄り天っぽくなると、結局下げ止まらなかったりするんだよねえ。

 

下落株に押し目無し、ってとこだろうか。

 

押し目っぽいのがたくさん出たが、結局下げ止まらなかった例
週末の木曜日や金曜日などには、こういったチャートがよく見られるが、翌日騰がったりすることもあるしねえ。

 

でも騰がり始めると大きな売りが出て、下に下げられる株というのは、個人投資家が買い上げて買い板が並んだら、大口がドーンと売っているパターンで、あんまり翌日に期待出来ないのも確か。

 

どっちにしても、下落株は買ったらダメだな。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加

相場師朗の「株の10ステップ」

株は5日で利益を出す!

ワンウイーク副業投資

ショットガン投資法