チャートと移動平均線で売買

株で儲ける人、プロのトレーダーは、チャートと移動平均線で売買するという。

 

チャートと移動平均線を見て、これから騰がるのか下がるのかを、「過去の経験」から判断するという。

 

過去の失敗パターンをよく覚えていて、下落の兆候が見えたら、さっさと売りに転じるのだ。

 

株で儲ける人というのは、大儲けもねらうけれど、とにかく大損だけは避ける。

 

というのも、資金を増やすのは難しいが、資金を減らすのは簡単だから。

 

100万円が50万円になると、割合としては50%ダウンだ。

 

しかし50万円を100万円にするには50%アップでは足りなくて、100%アップでないといけない。

 

だから資金を減らさないためには、とにかく損を小さくしないと行けない。

 

損を小さくして、利益を大きくして、そこで初めてトントン、イーブンくらいなのだ。

 

ということで、チャートから、買いチャンスと売りチャンスを探してみる。

 

どのタイミングで買えばよいか、どのタイミングで売れば良いか。

 

5分足チャートの例
チャートの読み方に関しては、いろんな本が出ているので、それを参考にすれば良い。

 

で、このチャートであれば、買いチャンスは2カ所、売りチャンスも2カ所ある。

 

5分足チャートに現れる上昇サインの例
この5分足チャートの例だと、前場で長い下ヒゲが出たあと、ゴールデンクロスのところが買いチャンス(1)。

 

次に長い陽線が出て、高値ブレイクになっているところが買いチャンス(2)ということになる。

 

売りチャンスは、上昇が止まって十字線が出て、次に陰線で終わったところと、2時を過ぎて上ヒゲが並んだところだな。

 



上ヒゲが横に並ぶと、エネルギー不足、下落サイン

上昇トレンドの5分足チャートで、上ヒゲと下ヒゲに注目すると、株価が上がり始める前は、下ヒゲが並んでいることが分かる。

 

下ヒゲというのは、「売りが出て株価が下がったがすぐに買いが入って株価が戻った」ということだ。

 

つまり「安くなったら買ってやろう」という買いのエネルギーが感じられる。

 

安くなったら買ってやろうという状況で、売る人がだんだんいなくなって、そこから上値追いが始まる。

 

では下落トレンドの場合はどうか?

5分足チャートの例(下落トレンド)
このチャートも、上ヒゲと下ヒゲが、たくさん出ているチャートだ。

 

ただ、売りのエネルギーが強いので、下ヒゲが出てもすぐに売りで潰される。

 

何度か反発しそうなところはあるが、上昇エネルギーが足りなくて、3割程度、戻したところでまた下がる。

 

買いチャンスは、大きく下がったあと、長めの下ヒゲが出た辺りだが、半値戻しのあと、上ヒゲがずっと横に並んで、結局売りに負けてしまうという展開だ。

 

5分足チャートに現れる下落サイン
最後は、上昇中だった銘柄が、金曜日に大きく売られて下がったケース。

 

5分足チャートの例(暴落)
いわゆる「寄り天」というやつだけれど、高値で始まったが、そこから上昇せず、揉み合ったあとにドーンと下がるパターン。

 

こういう場合はたいてい翌日も大きく下がるので、さっさと損切りして手じまうしかない。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2