株で儲けるには、テーマ株

株で儲ける近道は、旬の銘柄を売買することだ。

 

旬の銘柄が儲かる理由は簡単で、多くの投資家が話題にするし、実際に売買に加わるからだ。

 

そして投資ファンドが大きな資金を投入するため、株価が何倍にも跳ね上がる。

 

これがソニーだとかトヨタといった、国際優良企業であれば、新しい分野に進出しても、株価は2割も上がらない。

 

というのも、時価総額が数兆円もある銘柄に、100億円の資金が入っても、微々たる割合だからだ。


 

一方、時価総額が30億円にも満たないような新興ベンチャー企業の株だと、10億円はでかい。

 

大口が10億円を投じて買いに入れば、株価は簡単に2倍3倍に跳ね上がってしまう。

 

こうしてダブルバーガー、トリプルバーガーくらいは毎年数十銘柄あるし、テンバーガーになる銘柄だっていくつかある。

 

これは儲けるビッグチャンスだし、乗らない手はないね。

 

旬の銘柄は、意外に息が長い

 

旬の銘柄は、忘れた頃にまた新しい話題や関連情報が出てくる。

 

まだ海のものとも山のものともつかぬ技術に光が当たり、それに関係がありそうな新興銘柄もピックアップされる。

 

また本命視されている有望企業と取引があったり、業務提携を行っただけで、その企業株に資金が流入する。

 

そして株価が何倍にも跳ね上がったりする。

 

ということで、このカテゴリーでは、テーマ株についてまとめる。

 

参考になれば幸いです。