★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

株価が大きく下がる原因

株で損する人の特徴。

 

次は損切りが下手という話。

 

株価が予想に反して大幅下落。

 

こういうときは早い損切りが必要だ。

 

というのも早く損切りして逃げないと、投資資金がみるみる減っていくからだ。

 

株価が大幅下落するキッカケとしては、

  • 増資発表
  • 業績の下方修正
  • 信用取引の増し担
  • 商品やサービスの欠陥発覚・トラブル
  • 従業員のトラブル・横領
など、様々なケースがある。

 

株を持っているときに、こういう発表が出ると、株価は1割から2割ほど下がってしまう

 

なので自分の持っている銘柄に悪材料が出たら、すぐに株を手放すかどうか考えないといけない。

 

業績の下方修正ならまだマシな方で、粉飾決算のニュースなどが出ると即売りだ。

 

すぐに成り売り注文を出して、たたき売らないと損失がバカ高くなる。

 

というのも、寄り前気配でストップ安になっていたら、次の日もまた大幅下落する確率が非常に高くて、3日くらい連続で大幅下落したりする。

 

こういう場合はもう半値以下になってしまうし、倒産や上場廃止になると、株価は1円になってしまう。

 

成り行き注文は、注文順に捌かれるので、とにかくもうすぐに成り売り注文を入れねばならない。

 



損切りしすぎで損切り貧乏

株で損する人の特徴の一つに、「損切りしすぎ」と言うのがある。

 

悪材料が出るたびに損切り、株価が下がったら損切り。

 

こうして損切りばかり繰り返していたら、いくらお金があってもたまらない。

 

ハタと気づいた時には、資金が百万二百万も減っていたりする。

 

損切りすること自体は悪くないのだが、不必要な損切りを繰り返すと、いくら利益を積み上げててもジリ貧になる。

 

「あれ?結構儲けてたはずなのに、何でこんなに資金が減ってるんだ?」という感じになって、どんどん負けていく。

 

持ち株に悪材料が出た場合は、その悪材料でどれくらい株価が下がるか、見当をつけて損切りしないといけない。

 

株価が下がっても、時間がたてばまた回復するのか、あるいはさらに株価が下がるのか、この判断ができないと損ばかりになる。

 

株価が下げ止まっていて、そこから回復する見込みがあるなら、すぐに損切りせず、1ヶ月くらい塩漬けにして様子を見ても間に合う。

 

もし株価が上がり始めたら、安値でナンピンして、購入平均単価を下げてから損切りすれば良い。

 

逆に株価の下落が底なしで、いつまでたっても下げ止まらないなら、早いうちに損切りしておかないと大金を失う。

 

さらに株価が安くなったと思って、下落途中でナンピンすると、出血がさらに拡がってとんでもなくなる。

 

しかしこういう見極めは、初心者には難しい。

 

こういうことは何年も株トレードをして、何度も失敗したり大損した経験がないと、妥当な判断なんてできっこないからだ。

 

つまり損切り貧乏になってしまう人は、株価の大幅下落で損切りしすぎたり、早すぎるナンピンして損を大きくするってことらしい。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加

相場師朗の「株の10ステップ」

株は5日で利益を出す!

ワンウイーク副業投資

ショットガン投資法