根拠のない売買はダメ

株で損する人のやり方。

 

次は「根拠無しに株を買う」だ。

 

株を買うときには、株価が上がる何らかの根拠がないといけない。

 

値上がり率ランキングを見て買ったり、日足チャートを見て買ってもよいが、「騰がっている理由」がハッキリしないと、売り時が分からなくなってしまう。

 

たとえば良い決算が出そうだということで、ジワジワ騰がっている銘柄だと、決算発表が終わると途端に売られる。

 

良い決算だと思っていたのに、実際に決算が発表されたら、ダメだった、ということなら投げ売りだし、今期は良くても次の期の予想が減益ならば、やっぱり大きく売られて下がってしまう。

 

決算期待で株価が上がっていたのであれば、決算が終われば「材料出尽くし」で、どうしても株は売られてしまうのだ。

 

そのため、決算前には、リスク回避のため、利益確定売りが出ることも多い。

 

好決算が予想されていた場合、利益確定売りが少なくて、高値引けになることもよくあるが、翌日は微妙な値動きになることも多い。

 

だから、ただ騰がっているから、という理由だけで株を買うと、利益確定や損切りする時も根拠がなく、決済すべきなのかどうかも分からない。

 

騰がっていた理由がなくなったら、その株を買う理由もなくなってしまうので、そこから株価がさらに上がることは、もはや期待出来ないから、さっさと換金する必要がある。

 



材料の善し悪し

株を買うとき、根拠を確かめないと、売り時がハッキリしなくなる。

 

好決算期待でジワジワ株価が上がっている場合、決算を過ぎると根拠がなくなり、株価は大幅下落したりする。

 

買う理由がハッキリしておれば、決算直前には利益確定したり、保有株を減らしてリスク回避できる。

 

が、それが分からずに持ち続けると、大幅下落で大損したりする。

 

騰がっている理由が分からないから、下がる理由も分からないわけだね。

 

そして騰がる材料が強いか弱いかも、株価の上がり方に関係がある。

 

株価が動く材料の善し悪しだけでなく、その材料のインパクトの強さの強弱が、その後の利益確定に影響する。

 

たとえば、画期的な新素材や、新薬を発明したとしたら、その企業の株価は跳ね上がる。

 

ただしその新素材や新薬が、狭い範囲でしか使われないものなら、急騰はすぐに収まってしぼんでしまう。

 

たとえば自動車の部品に使われる材料なら、もの凄い利益が見込めるから、株価は何倍にもなる。

 

肺ガンや大腸ガンなどに使われる薬なら、やはり株価は何倍にもなる。

 

しかし爪切りばさみにしか使えない新素材や、聞いたこともないようなマイナーな病気の薬なら、株価が2倍以上になることはないだろう。

 

そういう風に、常に根拠を確認して買わないと、どこまで期待して良いのかが分からない。

 

この材料なら、せいぜい2割くらいで終わりだとか、この材料なら、株価は2倍以上になるはず。

 

そんな風に、材料から株価が読めるようになったら、株で損することは減るかもしれない。

 

まあでもバイオ系や材料系の情報って、個人投資家には軽重がよく分からないんだよねえ。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2