慌てるナントカは、ハズレをつかみやすい

株で損する人は、急騰している株に飛びついて損をする。

 

株価が上がっている株を買えば、すぐに儲かると思って、目一杯買いを入れたりする。

 

ところが急騰銘柄は、急落しやすい銘柄でもある。

 

元々売買参加者が少ないから、株価が急騰したり急落するのだ。

 

だからニュースが出た瞬間は、売り板が薄いので急騰するが、時間がたつにつれて売り板が厚くなり、30分持たずに上昇が止まってしまう。

 

そしてこの材料で株価が上がらないのか、不思議なくらい売りが出始めて、株価は急落し始める。

 

もともと人気がないので、好材料に気づかれないうちに株価が下がり、値上がり率ランキングからも外れてしまう。

 

ヒドいときにはカラ売りで売り浴びせられ、前日終値より下がったりする事も多い。

 

好材料が出るも、売りで押し下げられる5分足チャートの例
【株で損する人】急騰銘柄に飛びついて大損普段、取引があまりない閑散銘柄で、貸借銘柄の場合は、急騰後にカラ売りが殺到して売り崩されることも多い。

 

普段から人気がない株なので、いくら好材料が出ていても買いが続かずに、売りに押されて下がってしまうのだ。

 

カラ売りが好きな個人トレーダー達は、こういう買いの弱い銘柄が急騰したら、売りを浴びせて利益を得ようとするので、上がるハズの材料でも潰れてしまい、高値でつかんだトレーダーは損をさせられてしまう。

 

もちろん本当に強い材料であれば、次第に買いが戻ってきて株価が上がるのだが、閑散銘柄だとなかなか難しい。

 



本当に強い材料なら、次第に買いが増える

値上がり率ランキングを見て、急騰している銘柄を買う。

 

これはデイトレーダー達が主に行う売買法だ。

 

デイトレーダーは、業種や、材料の中身など関係無しに、値上がりしている株に飛びつく。

 

株価が上がって下がり始めたら、そこですぐに売って逃げるのだから、いちいちそういうことは気にしない。

 

最近はこういうタイプのデイトレーダーを「イナゴ投資家」などと呼ぶ事も多いが、まさにイナゴの様に集まって、イナゴの様に散っていく。

 

なので自分で勝手に「絶対騰がる」と思って、急騰銘柄に飛びついて買うと、高値づかみになって大損する。

 

目ざといイナゴ投資家が集まって、株価が急騰して上昇が止まったら、彼らはあっと言う間に去って行くから、あとはもう損切りするしかなくなるのだ。

 

本当に良い材料であれば、慌てて買わなくても間に合う。

 

強い材料であれば、ストップ高で買っても、翌日も騰がる場合がほとんどだし、急騰が売り潰されるような換算銘柄でも、引けにかけて買いが増え始めて持ち直す。

 

株価が急騰したら、とりあえず打診買いして、材料を確認するなり、押し目を狙うなり、そういう風にしてから株数を増やせば良い。

 

ホントに好材料であれば、スタート時から5割くらいは騰がるので、初動で買いつけておれば、儲かる確率は高い。

 

高値づかみになっても、落ち着いて反発しだしたら、そこでナンピン買いすれば、大損せずに済む事も多い。

 

好材料が売り潰されるも、次第に買いが入っていく5分足チャートの例
【株で損する人】急騰銘柄に飛びついて大損※この銘柄、翌日ストップ高まで買われた。

 

材料が漏れていたらしい。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2